世界で最も裕福な国

以下は、一人当たりの国内総生産(購買力平価)で世界で最も裕福な国です。 すべての最終財の購買力平価(PPP)の値を使用すると、特定の年の国内のドルの真価がわかります。 石油国がリストを支配していますが、いくつかの驚きもあります。 この記事のすべての数字は、国際通貨基金によると、最新の2017年の数字から取られたものです。

10.アメリカ - 64, 770ドル

リストに載っているほとんどの国は(比較的)人口が少ないのですが、世界最大の経済、米国は、その人口が3億1000万人を超えることを考えると、一人当たりGDP(PPP)を64770ドルに維持できることは印象的です。 その成功の背後にある理由は、その大きな国内自動車産業、革新を促進する技術分野、そして起業家精神と知的財産権を保護する民主主義のシステムを含みます。

9.スイス - 65, 741ドル

スイス国民1人当たりのGDP(PPP)は65, 741ドルです。 スイスの銀行や金融機関はこの国とその経済を浮き彫りにしています。 世界で最も裕福な人々や企業の中にはスイスの銀行口座を所有しているため、スイスが投資目的で使う余剰資本を持っていることに注意することが重要です。 スイスで最も有名な都市チューリッヒとジュネーブは、生活水準の点で一貫して世界のトップ10に入っています。

8.クウェート - 67, 970ドル

クウェートは小規模で比較的開放的な経済を主催し、その国民は一人当たりGDP(PPP)$ 67, 970を楽しんでいます。 世界の石油埋蔵量の10%近くを占める石油は、GDPの半分近くを占め、輸出収入と政府収入の95%を占めています。 近年、非常に前向きな財政状況のため、クウェートは経済を多様化させることにほとんど力を注いでいません。

7.アラブ首長国連邦 - 70, 570ドル

エミレーツのこの中東連合は約32, 278平方マイルの土地面積を持っています、それはそれが容易にニューヨーク州(54, 556平方マイル)の中に収まることを意味します。 人口は920万人で、ニュージャージー州より人口が少し増えています。 一人当たり70, 570ドルの経済の約3分の1は石油収入によるものであり、サービス部門と電気通信も大きく貢献しています。 アラブ首長国連邦はサウジアラビアに次ぐアラブ世界で二番目に大きい経済です。

6.ノルウェー - 76, 740ドル

この北欧諸国の1人当たりGDPは76, 740ドルで、その497万人が小規模でありながら堅調な経済の恩恵を受けることができます。 漁業、天然資源、および主要な石油探査に牽引されて、ノルウェーは世界で8番目に大きい原油の輸出国、9番目に大きい精製油の輸出国、および3番目に大きい天然ガスの輸出国です。 ノルウェーもまた、世界で最も住みやすい場所のひとつです。

5.アイルランド - 82, 440ドル

エメラルドアイルは、一人当たりの収入が82, 440ドルで、人口は約480万人です。 その経済を後押しする主な産業は、織物、鉱業、そして食料生産であり、あらゆる経済の主力製品です。 OECD(経済協力開発機構)のランキングでは、アイルランドは実際には全体で4位を占めています。

4.ブルネイ - 83, 780ドル

一人当たりの収入(PPP)が$ 83, 780であるブルネイは、世界で4番目に豊かな郡としてランクされています。 2015年7月現在、東南アジアの小さな州は総面積2, 226平方マイル、人口417, 200人です。この郡の裕福な経済は石油部門によって支えられています。 ブルネイは世界で9番目に大きな液化天然ガスの生産国であり、東南アジアで3番目に大きな石油生産国です。 政府は石油収入への依存度を減らすために経済の多様化に取り組んでいます。

3.シンガポール - 103, 720ドル

この小さな都市国家は5番目のポジションから3番目に上昇し、一人当たりの収入(PPP)は103, 720ドルで、これは世界の普通の個人の一人当たりの平均収入の5倍です。 シンガポールの資産の基盤は金融サービス部門、化学品輸出産業、そして成長と革新を促進する自由な経済政策です。 シンガポールは世界で2番目に忙しい港で、2011年だけで4, 140億ドルの商品を輸出しています。

2.ルクセンブルク - 108, 810

富の象徴であるルクセンブルクは、一人当たりGDP(PPP)が108, 810ドルで2位になっています。 これは世界平均の9倍です。 この力強い経済のバックボーンは、活気に満ちた金融セクター、慎重な財政政策、そして活発な産業および鉄鋼セクターです。 ルクセンブルクの銀行業務は、その経済の最大の部門であり、資産ベースは1兆2400億ドルを超えています。

1.カタール - 134, 620ドル

カタールは世界で最も裕福な国で、一人当たりの収入は134, 620ドルです。 カタールには、石油産業が政府歳入の70%、国内総生産の60%、輸出収入の85%を占める、よく発達した石油探査産業があります。 カタールのGDPの大きさは世界でトップ50の最大の範囲内にほとんどありませんが、国の200万の比較的低い人口は国のほとんどの居住者が非常に高い生活水準を享受している一人当たりのGDPを大きくします。

世界の25の最も裕福な国

ランク一人当たりGDP(PPP)
1カタール134, 620
2ルクセンブルク108, 810
3シンガポール103, 720
4ブルネイ83, 780
5アイルランド82, 440
6ノルウェー76, 740
7アラブ首長国連邦70, 570
8クウェート67, 970
9スイス65, 741
10年アメリカ64, 770

推奨されます

ギリシャの輸出入
2019
ガーナの大河川
2019
William Ewart Gladstone - イギリスの首相
2019