情報通信技術開発指数トップ国

スイスのジュネーブに拠点を置く国際電気通信連合は最近、ICT開発における年次世界的な情報通信技術(ICT)データと年次インデックス国別ランキングを発表しました。 前者にはICT Development Index(IDI)が含まれています。これは、世界中の多くの国々で、モバイル購読、国際インターネット帯域幅、コンピュータの所有権、インターネット使用、インターネット購読、および識字に関するデータを収集します。 IDIによって収集されたすべてのデータは、グローバルなICT開発の状態を判断するために、事業者、研究者、開発機関、および政府によって使用されます。

アジアの技術力

インデックスの国別ランキングは、ICTへのアクセス、使用、およびスキルのレベルが上位20カ国です。 それは、これらの国々が今日の情報通信技術において最高のアクセス、利用そしてスキルを持っていることを意味します。 2015年、韓国はリストのトップに入りました。 デンマークが2位、アイスランドがリストの3位に続いた。 トップ20の国のほとんどは、高所得層に属しています。

韓国は過去数年間ICTレースで高い評価を得ています。 アジアでは4番目に大きな経済国ですが、その通信インフラはヨーロッパの多くの国のそれに匹敵します。 決定的な要因の1つは、携帯電話と固定インターネットのブロードバンド料金と84%のインターネット購読です。 もう一つの理由は、その人口の教育と識字能力の数字であり、これはアジアで最も高い国の一つです。

経済の重要性

IDIは、年間インデックス国別ランキングの決定において、世界平均値5.03を設定しました。 ICT開発に関しては、韓国、香港、日本、シンガポールなど、アジアの国々でICTトップ20に選ばれました。 ヨーロッパ諸国は世界平均を上回り、ランキングの上位半分に位置しています。 アイスランドは8.86ポイントを誇っている間デンマークは8.88でリードしています。 この傾向は北欧諸国にも当てはまります。 2010年から2015年にかけて最も改善が見られたICT開発の最大の候補国でもあります。中東では、石油が豊富な州が重要なIDI値を達成しました。 所得とICTの発展との関連は、改善の要因であり、アフリカ諸国のIDIが低い理由です。

モバイルデータの台頭

スイスのInternational Telecommunication UnionのSusan Teltscherによると、今日の成長レースにおける主要な指標はモバイルブロードバンドです。 その国の経済はまた、電気通信サービスの価格の下落など、ICT開発の競争を反映しています。 世界中でのセルラーブロードバンドサービスのコストの傾向は減少しており、20〜30%も手頃な価格になっています。 ブロードバンドサービスに関するデジタル開発のためのブロードバンド委員会の目標は、2015年末までに世帯の毎月の平均所得の5%まで下げることです。

携帯ブロードバンドのコストの低下は歓迎すべき変化でしたが、固定インターネットサービスのコストの上昇は注意を要する問題です。 先進国がトップ20のICTリストに残るのであれば、先進国はこの問題に取り組む必要があります。 今日、世界人口の95%が携帯電話で接続していますが、残りはモバイルネットワークで到達できない場所に住んでいます。

情報通信技術開発指数トップ国

  • 情報を次のように表示します。
  • リスト
  • チャート
ランクICT開発指数ランキング
1韓国8.93
2デンマーク8.88
3アイスランド8.86
4イギリス8.75
5スウェーデン8.67
6ルクセンブルク8.59
7スイス8.56
8オランダ8.53
9香港8.52
10年ノルウェー8.49
11日本8.47
12年フィンランド8.36
13年オーストラリア8.29
14年アメリカ8.19
15年ドイツ8.22
16ニュージーランド8.14
17年フランス8.12
18年モナコ8.10
19年シンガポール8.08
20エストニア8.05

推奨されます

エジプトの生態地域
2019
ヒ素中毒の影響は何ですか?
2019
サンガトリネーショナル森林保護区
2019