大陸

テストクリケット競技場の数が最も多い国

テストクリケットは、可能な限り最長の形式のクリケットであり、クリケットの狂信者やプレーヤーからも、チームのプレー能力の究極のテストと見なされています。 テスト試合は、国内レベルで自国を代表するクリケットチーム間でのみ行われます。 最初の公式テスト試合はオーストラリアのビクトリア州のメルボルンで開催されました。 試合は1877年3月にオーストラリアとロンドンの間で開催されました。 2009年7月8日にカーディフウェールズにあるソフィアガーデンはテストクリケットの100番目の会場となりました。以下はテストクリケット競技場の数が最も多い国のいくつかです。 1.インド(28) 28で、インドは世界で最もテストクリケット競技場の数があり、261のテストの試合を主催しています。 1933年12月15日、インドのマハラシュトラ州サウスムンバイにあるBombay Gymkhanaは、インドで最初のテストクリケットの試合を開催した場所として知られています。CK Nayuduが試合中のキャプテンだった。 ジムカーナグラウンドはかつてボンベイ、ペンタングルクリケットの試合のメイングラウンドでした。 今では冬の間にクリケットの試合を開催しています。 敷地内にはテニスコート6面、バドミントンコート3面、フィットネスセンター、ビリヤードとスヌーカー用のテーブル6面、スカッシュコート5面、プールがあります。 パキ