世界で最も栄養失調の国

限られた自然資源や経済的資源で人口の増加を維持できない場合、食物を含むものを含む不足が急速に続くことがよくあります。 残念なことに、飢餓が日常生活の事実である国で最も多く苦しむのは子供たちです。 本明細書のデータを検討するとき、「食物の利用可能性」は必ずしもカロリー摂取量/一人当たり/一日を意味するわけではないことに留意することが重要である。 これは、廃棄物を調整すると後者が前者よりも低くなる可能性があるためです。 例えば、食料の利用可能性が一人当たり一日当たり3, 750カロリーである米国では、無駄な食料が利用可能な総食料から差し引かれるとき、カロリー摂取量はこの数値よりいくらか低くなります。 しかし、このリストに含まれている国は食料を無駄にする可能性が最も低い国であるため、食料の入手可能性と1日当たりの一人当たりのカロリー摂取量は、一般的にそれぞれの特定のケースで互いに非常に一致しています。 より良い見通しを得るために、以下にリストされている国の多くで一般的である長時間の肉体労働は、単にエネルギーレベルを維持するために1日に3, 500カロリー以上を必要とすることを考慮してください。 さらに、子供は適切に成長するために高レベルのエネルギー摂取量を必要とし、栄養失調のため他の健康上の問題に罹りやすくなります。

10.グアテマラ(2244カロリー/人/一日)

最近の統計によると、グアテマラの食糧供給量は一人当たりの一日あたりのカロリーは2, 244カロリーです。 頻繁な洪水や干ばつ、不適切な農作業や森林伐採による土壌浸食、農業経営の健全な経済政策の欠如など、いくつかの要因がグアテマラの低レベルの食料入手可能性の原因となっています。 グアテマラでは、5歳未満の子供の49.8%が栄養不足です。 最も被害を受けやすいグループには、ネイティブの女性や、国の「乾いた回廊」地域に住んでいる子供たちが含まれます。

9.シエラレオネ(2162カロリー/人/日)

天然資源に恵まれているにもかかわらず、西アフリカのシエラレオネの国は10年にわたる内戦の影響で壊滅的な被害を受けています。 グローバルハンガーインデックスの88カ国中84のランクで、シエラレオネの苦しんでいる人口は間違いなく国際的な注目に値する。 この国の子供の約40%は慢性的に栄養不良であり、5歳に達する前に4人に1人の子供がシエラレオネで死亡していると推定されています。 2007年の脆弱性分析の報告によると、農村人口の約4分の1が食料消費量が不足しているか、または境界を超えています。 シエラレオネでは、食糧の供給量は約2, 162カロリー/人あたり/日です。

8.タンザニア(2137カロリー/人/日)

タンザニアでは、5歳未満の子供の約42%が成長がおさまっています。 この国には、ザンジバルの人口のように、特に急性栄養失調に苦しむ人々がたくさんいます。そこでは、子供の約12%が適切な栄養を欠いています。 6〜59ヵ月齢のタンザニアの子供たちの3分の1は鉄分とビタミンAが不足していますが、1800万人以上のタンザニア人は十分なヨウ素を含まない食事を摂っています。 この国の思春期の少女や若い女性もまた、一般的に重度の栄養失調であると見られています。 ここでの食料の入手可能性は、一人あたり/一日あたりの2, 137カロリーと同じくらい低いです。

7.マダガスカル(2117カロリー/人/日)

マダガスカルの人口の約4分の1が、洪水、干ばつ、サイクロンなど、自然災害が起こりやすい地域に住んでいます。 これは、大規模な森林伐採や貧弱な土地管理の実践とともに、この地域における食料不安の高蔓延の主な原因となっています。 2014年の農作物および食料安全保障評価ミッションの報告によると、同国の8つの調査地域における35.8%の農村人口は食料不安に苦しんでいた。 この国では、200万人近くの子供たちが慢性的な栄養失調のために気絶しています。 貧しい農業慣行、経済的支援と教育の欠如、そして男女不平等は、それぞれその国の農業生産高の低さの一因となっています。 マダガスカルの人々が利用できるのは一人当たり/一日の食べ物の平均カロリーは2, 117カロリーしかありません。

6.モザンビーク(2112カロリー/人/日)

2009年のUNDPの人間開発報告書は、モザンビークの人口の約40%が栄養不足であり、居住者の平均寿命は48歳であると推定しています。 国の人口の約64%は食糧が安全でないです。 HIV / AIDSの有病率もアフリカ諸国の貧困と栄養失調のレベルをさらに悪化させています。 頻繁なサイクロン、干ばつ、洪水、作物感染などの自然災害に対する高い感受性は、モザンビークの高水準の貧困、近代的な農業慣行の欠如、そして経済的支援と相まって、国の農業収量の低下につながります。 モザンビークでの食料の入手可能量は、このように一人当たり一日あたりのカロリーは2, 112カロリーです。

5.エチオピア(2097カロリー/人/日)

深刻な干ばつ、土壌侵食、インフラの欠如、そして非生産的な農業方法を含むいくつかの劣化要因はすべて、エチオピアのアフリカ諸国における食料の入手可能性の低さに寄与しています。 2013年の世界食糧計画の報告によると、この国の子供の全死亡例の28%は栄養不足が原因です。 報告された小児栄養失調症の症例のほぼ81%が未治療のままであり、5人の子供のうち2人が発育不全に苦しんでいます。 経済的影響もまた深刻です。 スタントに関連する子供の死亡率が高いため、エチオピアの成人労働力は8%減少しており、同国のGDPの約16.5%が栄養失調の症例の抑制に費やされています。

4.ケニア(2092カロリー/人あたり/一日あたり)

最近の統計によると、100万人以上のケニア人が食料不安に苦しんでおり、その国の食料の入手可能性は2092カロリー/人/日である。 ケニアの239, 446人の子供たちは中等度の急性栄養失調に苦しんでいるのに対し、2, 600人の子供たちは深刻な急性栄養失調に苦しんでいます。 エルニーニョの気象現象、感染症の発生、難民の危機、そしてHIV / AIDSの高発生率に関連した人々のような国内紛争により、ケニアの人々は食料危機や栄養不足に非常に敏感になっています。

3.チャド(2074カロリー/人/日)

適切な医療施設と安全な飲料水がないこと、そして干ばつ状態が頻繁に発生することによって、チャドの人々は食料不足に陥りやすくなっています。 国の約79万人が緊急の食糧援助を必要としています、そして、チャドは西アフリカの全地域で最も低い栄養不良率を持っています。 SMARTの調査によると、チャドの子供の栄養失調率は2014年に6.8%から13.3%でした。この国の食料の入手可能性は、わずか2, 074カロリー/人/ 1日あたりです。

2.コンゴ民主共和国(2056カロリー/人/日)

武力紛争、人口の移動、そして広範囲に及ぶ汚職を含む反乱軍の活動は、コンゴ民主共和国の人口の70%以上を貧困の中に置いています。 豊富な資源と耕作可能な土地があるにもかかわらず、国の人口の大部分はそれにもかかわらず深刻な食糧危機に苦しんでいます。 コンゴ民主共和国の半数以上の地域で、急性栄養失調率は10%を超えています。 生後6〜59ヶ月の子供の慢性的な栄養失調率は43.4%で、WHO基準では「重大」と分類されています。 国の食糧供給量は一人あたり一日あたり約2, 056カロリー/カロリーです。

1.ハイチ(1976カロリー/一人当たり/一日あたり)

ハイチの食糧問題は世界で最悪であり、統計は全国の恐ろしい食糧危機状況を明らかにしています。 3人中2人のハイチ人は1日2ドル以下のわずかな額で生き残ると考えられている。 農業は国の経済の重要な部門を形成していますが、その主食である米の80%は、ハイチの農業部門の非常に低い収穫量のために他国から輸入されなければなりません。 ハイチの農業システムは、農業用地の10%しか灌漑されていないため、ほぼ完全に雨に依存しています。 ハイチでは3人に1人の子供が悩んでいますが、10万人の子供が急性栄養失調に苦しんでいます。 ハイチの女性と子供の3分の1が貧血に苦しんでいます。 ハイチは、このようにして現在世界で測定されている中で最も低い食料の入手可能性を持っています。

推奨されます

行仙洞、日本 - 世界のユニークな場所
2019
太陽中心軌道とは何ですか?
2019
世界で最も一般的な鳥
2019